×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

F430 CHALLENGE Modena Racing 102

European Champ

メーカー・スケール フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ
車種名 F430 CHALLENGE ヨーロッパチャンピオンカー仕様
製作時期 2007.12.16〜2009.1.14
定価・お薦め度 3200円(税込) ★★★★☆(4)
コメント フジミのF430のキットはバリエーション展開版として数多く製品化されておりますが、このキットもその中の1台、F430チャレンジ ヨーロッパチャンピオンカー仕様です。実車に関しての知識は全くなく、キットがかっこよかったので購入し、製作しました。よってこのマシン自体、全く知りませんので製作についてのコメントのみとさせて頂きます。

さて、このキットですが、フジミがバリエーション展開版としてかなりのキットをリリースしているだけあって、誰にも簡単に作ることができ、また精度もいいのできっちりと格好いいF430を仕上げることが出来ます。少ないパーツながらエンジンも見える範囲内に再現されていますし、足回りは簡単な構成ながら車高も低く設計されていてピタッと決まります。キット自体に文句の付けようがないくらい良い組み立てモデルです。ただ、バリエーション展開が多いせいか、インストの塗装指示が曖昧な部分が多いです。これは共通のインストと考えて参考程度にするほうが良いでしょう。問題は、インストに間違いが多いこと。パーツ番号とインストの番号が合っていなかったり、左・右が逆であったりと、特に足回りのパーツをインスト通りに組もうとすると組めなくなる状況にあります。これだけバリエーション展開されているのですから、そのあいだに間違いを修正することだって出来るのでは?と思ったりもしましたが、それほど複雑な組み立てではないので、そこは愛嬌だととらえて流すのが良いでしょう。

塗装に当たって今回使用した塗料は自身初となるガイアカラー。白の部分はホワイト、赤の部分をブライトレッド、トップコートはガイアのクリアーはで塗装。噂通りの隠蔽力の高さと乾燥の早さには驚きです。またクリアーに関しては、乾燥が早いのにくわえて塗幕が硬く研ぎ出しがし易いし、完全硬化後はツヤの後退が出にくいようです。完成してからしばらく後で完成写真を撮影しましたが、ツヤの後退は確認できませんでした。本当にすばらしい塗料です。

今回もほぼ上手く完成させることが出来ましたが、細かいミスもあります。自分なりに失敗した点は、サイドウインカーが若干大きすぎたこと。またフロントガラスを接着するときに汚してしまったこと、ヘッドライトのクリアーパーツの縁が汚くなってしまったこと、シェルのロゴのマスキングが大きすぎて白の縁が太くなりすぎたこと等々反省点もあります。これらは次回の製作に生かしていきたいと思います。

このキットは全体的にすばらしいキットではありますが、唯一何とかしてほしいと思ったのがボンネットのカーボンデカールのサイズが小さいこと。寸足らずでは後からタッチアップするしかどうしようもありません。せめてデカールが余るくらい大きいのでしたら対処のしようがあるのですが。でも、ここまで格好良く仕上がるのですから許せる範囲かもしれません。

完成後に気が付いてのですが、タイヤマークを貼り忘れてしまいました。今からでも貼ることが出来るのですが、今回はこれで完成とすることにします。キットの素性が良いので評価は4つ星としました。塗装で塗り分けてデカールを貼りたいという方におすすめです。