×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NISSAN cube EX

メーカー・スケール フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID−66
車種名 日産 キューブ EX
製作時期 2005.12.18〜2006.01.25
定価・お薦め度 2310円(税込) ★★★★★(5)
コメント ニッサンのファミリーカーとしてマーチに次いで人気が高いキューブがフジミ模型から発売されました。EXは平成14年ベーシックグレードとして登場。オリジナリティあふれるスタイルととても居心地の良い室内。コンパクトなのにとても広い室内空間。”cube.my room.”をキャッチフレーズにファミリーにはもちろんのこと、若い世代にもターゲットとし、ボディーカラーも10種類から自由に選べファッション的要素も楽しめるコンパクトカーです。

さて、キットですが年も差し迫った12月に新金型としてリリース。近年、カーモデルが衰退していく中、フジミ模型からこのようなファミリーカーをリリースしてくれるのは非常に有り難いです。当初は購入してすぐ作る予定はなかったのですが、パッケージを開けてパーツをながめていると、いつものフジミとは少し違う雰囲気が漂っており、すぐ作りたくなり製作を始めました。キットを購入してからすぐに製作するのは、余程のことがない限りしない訳ですが、実車を忠実にとらえたボディー、インテリアもいつものフジミならオミットしそうなところも忠実に再現されているので、これはなかなか良い仕上がりになるのでは?という期待とともに作り始めました。

まずは中袋を開けて、仮り組みを行ったわけですが予想通りの素晴らしさ。各パーツの合いもばっちりでほぼ修正の必要がありません。ここまで気持ちよくパーツが合うのは今までのフジミでは考えられないくらい良い出来です。一部の掲示板等ではタイヤが小さいとか言われておりましたが、実際作ってみるとそんな事は全然ありません。このキットに他のインチアップタイヤをはかせると、逆に違和感が出てくると思います。車高は好みの問題があるとは思いますが、私はキットのままで全然OKです。しいて一つあげれば、タイロッドが若干短めなのでそのまま組むとトーアウト気味になるので、気になる方は調整されてはいかがでしょうか。私はそのまま組んでおります。

今回の作例では、ボディーカラーを実車のエアブルーをイメージして塗装してみたわけですが、若干実車より濃い感じになってしまいました。しかし、いざ完成させると、エアブルーに近い色になったと思いますので結果オーライです。今回は初めての試みでタミヤの缶スプレー、スモークを使ってプライバシーガラスを表現してみました。使った感じは良好。なかなか良い感じでプライバシーガラスを表現できたと思います。クリアーパーツの食いつきも良いですし、このスプレーを使えば簡単にスモークを表現できます。

キューブが登場した当時は斬新なデザインでとても違和感がありましたが、キットではその斬新さをそのまま良くとらえていると思います。キットの素性も良いので、模型作りに不慣れな方でも安心して薦められるキットです。なかなか良いキットだったので、五つ星を付けました。今後のフジミ模型のキットに期待です。