×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Tyrrell P34 SIX WHEELER

メーカー・スケール タミヤ 1/20 グランプリコレクション bP
車種名 タイレルP34シックスホイラー
製作時期 2003.7頃完成
定価・お薦め度 1155円(税込) ★★★☆☆(3)
コメント F1史上初の6輪マシン、P34です。

タミヤのグランプリコレクションナンバーからも分かるように、1/20スケールで初めてモデル化された物のようです。このマシンは故ケン・ティレル氏がチームオーナで、日本でも馴染みの深いチームであり、中嶋悟や片山右京、高木虎之介もティレルでドライバーを務めてきました。このマシンは1976年に日本で初めてF1が開催された時に、チーム名を日本語で”たいれる”と表示されたのが印象深いですね。現在ではティレルというチーム名が浸透していますが、当時のチーム名を日本語に訳した人が”たいれる”としてしまったんでしょうね。

さて、キットですがエンジンとシャシーと組み合わせる時が苦労しました。力をかけないと上手く合わなかったような印象があります。また、キット自体も非常に古い物だったので、前輪のタイヤが割れてしまっています。また、デカールも、白い部分が透けてしまい、elfのロゴなんかは濁った感じになってしまいました。これも古いがためなんでしょうかね。もし、次回作る機会があったら白のデカールを何とかしたい物です。

P34は、エアブラシを初めて使って作ったマシンです。エアブラシという物はどういう物なのか試すために実験的に作成したので、仕上がりは満足出来る物では無いです。